ジスロマックの通販は【危険】か?購入前に知っておくべきリスク

ジスロマックの通販は危険か 通販情報

ジスロマックの通販で考えられる危険なリスク

ジスロマックを通販で個人輸入することは、必ずしも何の危険もないとは言い切れません。
本来ならば医師が処方する医薬品を自己判断で使用することになりますので、多かれ少なかれリスクがあります。ジスロマックの通販購入を検討している方は、薬の個人輸入に伴って生じる危険なリスクを正しく認識しておきましょう。

特に注意すべき危険なリスクとして、以下の3つが挙げられます。

① 思わぬ副作用が発現する危険があります。

ジスロマックに限らず、全ての医薬品には副作用の発現リスクがあります。副作用とは、医薬品の使用に伴って生じる好ましくない現象のことです。薬の中には、深刻な健康被害を及ぼす危険な副作用が報告されているものもあります。

留意する必要があるのが、通販で購入したジスロマックを使用して何らかの副作用が出た場合、全て自己責任となる点です。日本で販売されている医薬品を適正使用して重い副作用が出た場合、その救済を図る「医薬品副作用被害救済制度」が受けられます。この制度では、個人輸入した医薬品の使用による健康被害は対象外となります。

医薬品副作用被害救済制度とは?
医薬品の副作用による健康被害によって患者が入院や死亡した場合、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が給付を行う制度です。治療に要した医療費の補償や、定額による入院手当、障害年金、遺族年金などが給付されます。

ジスロマックでは重い副作用はほとんど報告されていませんが、万が一入院が必要になるような副作用が生じた場合でも、その費用は自己負担となります。利用した個人輸入サイトが補填してくれることもありません。副作用の危険は全て自己責任となることを肝に銘じておきましょう。

② 購入した製品が偽物である危険があります。

ジスロマックを個人輸入する際に気を付けなくてはならないのが偽物です。海外では、本物そっくりに作られた偽物の医薬品が大変多く流通しています。偽装品は、劣悪な環境で製造されていることも多く、錠剤には不純物が混入しているおそれもあります。偽物の医薬品には効果がないだけでなく、健康被害の危険もあるのです。

現在のところ、当サイトではジスロマックの偽物が流通しているとの情報は掴めていません。情報がないゆえに万が一、偽物を購入してしまった場合に見分けるのが困難です。もし手元に通販購入したジスロマックがある場合、外見に違いがないかよく見比べてみてください。

③ 日本で使われている製品と成分含有量が異なることがあります。

ジスロマックを通販で購入する場合、製品の成分含量をよく確認しましょう。
現在、日本の医療機関で処方されているジスロマックの錠剤は、250mg錠もしくは600mg錠です(小児用の100mgカプセルもあります)。対して個人輸入できるジスロマックの成分含量は、250mg錠もしくは500mg錠となっております。

もともと日本で処方されていたジスロマックを使用していた場合、成分含量の違う錠剤を購入すると1回に服用する錠数が変わります。薬を間違った用量で服用すると、疾病に対して十分な効果が得られなかったり、作用が過度に増強されたりといった危険が生じるおそれがあります。

ジスロマックの成分含量が変わったとしても、錠数を調整して正しい用量で服用すれば問題ありません。

ジスロマックの用法用量について詳しくはこちら

ジスロマックの通販購入が特に危険な人

以下に該当する方は、薬の個人輸入とは関係なく、ジスロマックの使用自体に危険が伴います。知らずにジスロマックを使用した場合、重大な健康被害が生じるおそれがありますので注意しましょう。

薬にアレルギーが出たことがある。

ジスロマックに配合されている成分にアレルギーがあった場合、ショックなどの重篤な副作用が生じる危険があります。以前に何らかの薬を使用して、発疹や痒みなどのアレルギー症状が出た経験のある方は、自己判断でジスロマックを使用するのは控えた方が良いでしょう。

特に抗生物質に対するアレルギーの既往がある方は要注意です。その抗生物質が、ジスロマックの有効成分アジスロマイシンが属するマクロライド系もしくは似た構造を有するケトライド系であった場合、アレルギーが発現する危険性が高まります。

他に服用している薬がある。

現在、他に服用している薬がある場合には、ジスロマックとの併用の可否を確認する必要があります。飲み合わせが悪い薬とジスロマックを併用すると、副作用を発現する危険があります。

ジスロマックと飲み合わせが悪い薬について詳しくはこちら

肝臓や心臓に関わる持病がある。

重い肝機能障害のある方や心疾患のある方では、通常よりも用量を抑えてジスロマックを服用すべきとされています。通常の用量でジスロマックを使用した場合、疾患に悪影響を及ぼす危険性が指摘されているためです。自己判断でジスロマックの用量を調整することは非常に危険ですので、個人輸入は控えましょう。

ジスロマックを安全に通販購入するために

通販を利用したジスロマックの個人輸入に絶対の安全はありません。安全を保障してくれる機関もなく、全ては自己責任となります。
危険やリスクを承知したうえでジスロマックの購入を検討される方は、せめて偽物の心配が少ない個人輸入サイトを選びましょう。

ジスロマックの正規品を取り扱っている個人輸入代行サイトとしては、以下が挙げられます。

  • 空詩堂
  • オオサカ堂
  • アイドラッグ
  • あんしん通販マート
  • 医薬品アットデパート
  • 薬の通販オンライン
  • お薬なび
  • ライフパートナー
  • メデマート
  • グー薬局
  • ネット総合病院

これらのサイトの中から、価格や送料を考慮して選ぶと良いでしょう。

ジスロマックの通販最安値に関する情報について詳しくはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました