薬品知識

薬品知識

ジスロマックの【飲み合わせ】併用注意の薬とリスク

ジスロマックと他の薬の飲み合わせについて紹介しています。風邪薬や解熱鎮痛剤(イブやロキソニンなど)、整腸剤などとの併用は基本的には問題ありません。他の抗菌薬との飲み合わせは避けましょう。その他、飲み合わせに要注意な薬としては、抗血栓薬や免疫抑制薬、強心薬、制酸剤が挙げられます。
薬品知識

ジスロマックで【咽頭クラミジア】を治療。飲み方や期間、効かない場合は?

咽頭クラミジアは、ジスロマック1000mgを一回で飲み切ることで完治します。咽頭クラミジアとは、クラミジア菌が喉に感染することで生じる疾病です。喉の痛みやイガイガ感などの症状がみられます。自然治癒することはありません。主な感染経路は性行為であり、性感染症のひとつです。
薬品知識

ジスロマックの副作用による【下痢】いつまで続く?整腸剤は効く?

下痢はジスロマックの主な副作用の一つです。下痢の症状は軽度であり、翌日までには治まっていることがほとんどです。腸内細菌のバランスが乱れてしまった場合には、症状が長引くこともあります。下痢の予防にはビオフェルミンなどの整腸剤が有効です。
薬品知識

ジスロマックと【アルコール】リスクや飲酒を控える期間

ジスロマックとアルコールの直接的な相互作用は確認されていませんが、治療期間中の飲酒は控えるべきでしょう。弊害としては、ジスロマックの治療効果を薄めてしまったり、肝臓への負担が大きくなったりといったことが考えられます。最低でも、血中濃度が半減期を迎える52時間から71時間はお酒を控えましょう。
薬品知識

ジスロマック錠の【飲み方】に関する疑問|食前?食後?時間は?

1回に飲むジスロマックの錠数は、錠剤の含有量によって異なります。250mgと500mgの薬でそれぞれ必要な錠数を紹介します。ジスロマックの服用は食前でも食後でも大丈夫です。飲む時間も問いませんが、下痢の副作用が出ることがあるため、外出前は控えた方が良いでしょう。
薬品知識

ジスロマックで【性器クラミジア】を治療。飲み方や完治までの期間について

ジスロマックは性器クラミジア感染症の第一選択薬です。たった1回の内服で治療できます。実際に症状が和らいでくるのは1週間ほど、完治にかかる期間は1ヶ月ほどとなります。細菌の死滅を確認するためにも、治療後には検査を受けることが推奨されます。
薬品知識

ジスロマックで【淋病】を治療できるのか?症状や原因について

淋菌では、高度な耐性化が進んでいます。ジスロマックは淋病に対して有効な治療効果を示さない可能性があります。淋病の治療に確実な効果が見込めるのは、注射による投与が必要となるスペクチノマイシンなどの抗菌薬のみとなります。
薬品知識

性器クラミジアにジスロマックが【効かない】4つの原因と対処法

ジスロマックが効かない理由としては、成分が吸収される前に吐き出してしまった、クラミジアが重症化している、以前に感染した菌が体内に残っていたなどが挙げられます。中途半端な治療は、クラミジアの耐性化を招きます。
薬品知識

ジスロマックで【副鼻腔炎】を治療。飲み方や期間について

ジスロマックは細菌の感染を原因とする慢性的な副鼻腔炎の治療に効果を発揮します。副鼻腔炎は、鼻の周囲にある空洞の中で炎症がおきる疾病です。一般的に蓄膿症とも呼ばれます。ジスロマックの飲み方は、急性型と慢性型で異なります。ドロっとした鼻水や鼻詰まりなどの症状が見られます。
タイトルとURLをコピーしました